夏にホットヨガに行きたくない時の3つの対処法!通うメリットもあり!

  • URLをコピーしました!

こんにちは、ホットヨガ歴10年だけれど毎年夏はホットヨガに行くモチベーションが下がってしまうエトワール(@Etoile_me)です!

ホットヨガが好きで定期的に通っているけれど、「夏は暑いし行きたくないな…」と悩むことってありますよね。

今回は、そんな時にとるべき対処法をご紹介したいと思います!

エトワール

ホットヨガ歴10年の筆者も、夏に行きたくなくなる気持ちが理解できます。

「ホットヨガに行きたくないな…」と思った時に取るべき対処法を一緒に考えていきましょう!

たのらく家事
404: ページが見つかりませんでした | たのらく家事 本ブログでは、30歳の共働き妻が、結婚後に楽しく楽に家事ができる情報を発信しています。頑張りがちな家事のストレスを減らし、もっと楽しく楽に日々を送れるようになりま...
目次

夏にホットヨガへ行きたくないと思ったら取るべき方法3つ

結論、夏にホットヨガに行きたくないと思ったときに、取るべき対処法は3つです!

プラン変更をして通う回数を減らす

通い放題のプランにしている方は、プランの変更をして通う回数を減らしてみてはいかがでしょうか?

一般的なホットヨガスタジオは、通い放題のプランと月に4回通えるプランがあることが多いです。

通い放題から月に4回通うプランにすると心身共に負担が無くなり「夏はホットヨガに行きたくない」という悩みがなくなることも。

ホットヨガは楽しく続けるべきで、無理して行く必要はありません。

それなのに、月の通い放題のプランにしていると「元を取らないと!」「できる限り沢山レッスンを受けよう!」と夏の暑い時期も無理して行ってしまいがちですよね。

プラン変更をして無理なくヨガを続けることで、疲労やモチベーション低下を防ぎ、夏以降の長期的な継続も可能となります。

ホットヨガの効果を最大限に引き出すためには、自分のペースや気持ちのバランスを考慮しながら、続けることが重要ですよね。

休会をする

「夏は無理!本当に行きたくない!」という方は、休会をおすすめします。

各ホットヨガスタジオは休会システムを導入しているので、スタジオのスタッフの方に相談をしてみると良いですよ。

エトワール

夏の暑い日にホットヨガスタジオに行くと、頭痛がしたり気持ち悪くなったりする人も中にはいます。

そんな人は無理せず夏の暑い期間は休会をすることがベストですよ!

各ホットヨガスタジオの休会の料金いつまでに休会を申し出る必要があるかを表にまとめていますので、よろしければご覧ください。

スタジオ名休会料金/月休会申出の期限と手続き方法備考
LAVA
2,600円(税込)/ 月
休会希望月前月の15日までに会員証を持参の上、店舗での手続き
1ヶ月単位のレッスンの休会可。
CALDO
1,100円(税込)/ 月休会希望月前月の10日までに店頭で所定の届出書を記載最長3ヶ月間休会可。休会手続きにあたり持ち物は特に不要。
LOIVE
2,200円(税込)/ 回休会希望月の2ヶ月前の20日までに会員証を持参の上、店頭での手続き1回の届出書につき、最大3か月まで休止することが可能 (=2,200円で最大3か月休会できる)
ZEN PLACE
なし
※ただし、「入会金無料キャンペーン」を利用しての入会後4ヶ月以内の場合は3,300円(税込)/ 回
休会希望月の2ヶ月前の25日までに会員証と印鑑を持参の上、店頭での手続き休会期間は最大6ヶ月。
AMI-DA
2,000円(税込)/ 月休会希望月の前月の5日までに店頭で所定の届出書を記載休会期間は最大6ヶ月。休会手続きにあたり持ち物は特に不要。
LALAAASHA
1,100円(税込)/ 月休会希望月前月の10日までに店舗での手続き休会をする場合は入会後3カ月目以降から可能。休会手続きにあたり持ち物は特に不要。

「夏のホットヨガ」行きたくない理由とメリットを知る

「どうして夏にホットヨガに行きたくないのか?」自分の気持ちを一旦棚卸することは重要です。

たとえば、夏にホットヨガに行くと体調が悪くなるのであれば休会を考えた方が良いです。

また、気分的に暑いし行くのが億劫ということであれば、夏にホットヨガをするメリットを知って自分が楽しく通い続けられるように工夫してみるのも手ですよね。

夏にホットヨガに行きたくないと思う理由

エトワール

では、なぜ夏にホットヨガに行くのが辛いと思うかについて一緒に考えていきましょう。

体調が悪くなる

人によっては、夏の暑い時期にホットヨガをすると頭痛や気持ち悪さを感じることも。

水分補給をしっかりしていて体調も万全なのに、何かしらの体調不良になってしまう場合は、体質的に夏のホットヨガが合わない可能性があります。

体調も水分補給も万全なのに体調が悪くなってしまう場合は休会を検討してみても良いかもしれません。

暑さでホットヨガをするのが億劫

夏に外気温が高くなってくると、わざわざホットヨガスタジオへ行きたいと思えない時もありますよね。

億劫ということであれば、億劫でなくなるように工夫をしてみましょう。

夏にホットヨガをするメリットを知ると、モチベーションもアップするかもしれませんよね。

夏にホットヨガに通うメリット

ここで、夏にホットヨガをするメリットについて紹介します。

夏のホットヨガのメリットを知って、楽しく継続的にホットヨガができると良いですよね。

汗をかいてデトックス効果が見込める

ホットヨガには、体内の毒素や余分な塩分を汗とともに排出してくれる効能があります。

夏は他の季節よりも日常的に汗をかきやすいので、ホットヨガをすることでより多くの発汗が促されて、デトックス効果が高まること間違いなしです。

冷房で冷えた体を温めて自律神経を調整することができる

夏はどうしても冷房で冷えている部屋や職場に長時間いることが多いですよね。

そうすると、身体が冷えてしまい自律神経の調子を崩してしまうこともあります。

冷えによって筋肉の緊張や血行の低下が起こり、交感神経が優位になり、副交感神経の働きが弱くなってしまうのです。

副交感神経が弱くなると、寝付きづらさや無意識の緊張状態を促進します。

そんな時はホットヨガで体を温めることによって、副交感神経と交感神経のバランスも整い自律神経の調子を正常にしてくれるのです。

エトワール

夏は思っている以上に身体が冷えてしまいますよね。

リラックス効果が得られる

夏は暑さや湿気によって疲れやストレスがたまりやすい季節。

ホットヨガをすることで自分を見つめる時間を作ることができリラックス効果を体験することができます。

ホットヨガスタジオでのひと時は、日常の煩わしさから解放され、心の安定やリフレッシュを促します。

このリラックス効果により、心身の緊張がほぐれ、疲れやストレスの軽減を実感できます。

柔軟性を高められる

室温38~40℃で行われるホットヨガは、身体を柔軟にする効果があります。

夏は日ごろから体温が高くなる傾向にあるため、この柔軟性を高める効果は暑い夏にはより効果が増すのです。

柔軟性が高まると、身体の可動域が広がり、姿勢の改善や運動の効率性の向上にもつながりますよね。

熱中症予防になる

夏は高温で湿度も高いため、熱中症のリスクが高まります。

ホットヨガの適度な高温環境で体を動かすことで、身体が熱に慣れ、熱中症の予防に役立ちます。

熱中症はお年寄りや小さい子供のみならず、日ごろ活動的に動く私たちにとっても身近な症状です。ホットヨガで身体を慣らして熱中症のリスクを最小限にしたいものですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

夏にホットヨガに行きたくないと悩んでいる方の少しでも参考になれば嬉しいです!

たのらく家事
404: ページが見つかりませんでした | たのらく家事 本ブログでは、30歳の共働き妻が、結婚後に楽しく楽に家事ができる情報を発信しています。頑張りがちな家事のストレスを減らし、もっと楽しく楽に日々を送れるようになりま...
たのらく家事
404: ページが見つかりませんでした | たのらく家事 本ブログでは、30歳の共働き妻が、結婚後に楽しく楽に家事ができる情報を発信しています。頑張りがちな家事のストレスを減らし、もっと楽しく楽に日々を送れるようになりま...
目次